2015年09月27日

ドラフトプールを作る時に考えていること。

四捨五入したら3人分くらい仕事量持ってた。
Fordです。

なんだかんだ仕事を振って貰えるのは幸せなことだと今は思います。



■ドラフトプールを作る上で
普通の遊戯にも若干眼を向けつつ、相変わらずドラフトばっか触ってます。
どんなことを考えながらプールをいじっているか、自分の採用カードを例に書き連ねてみました。
今手元にあるプールを基準にしているので、ブログに載っているものとは結構異なります。


・成立させたいデッキの意識
基本的にどんなドラフトでも、召喚して殴って罠でいなすだけの下級ビートは成立します。
それ以外のデッキを成立させるには、プール制作者の手心が必要です。

ex.《竜魂の幻泉》と《強化蘇生》
上級モンスターも呼べる前者であれば、ファッティを軸に据えたデッキの強化になります。
どちらか片方しか入らないのなら前者を選択することで、また後者を入れないことで、下級ビート以外のデッキの後押しが出来るかもしれません。

ex.《紋章獣バシリスク》のランクダウン
サイクルリバース系で繰り返し使える除去として、パワーカードに位置付けていた時期がありました。
プール全体のパワーが上がり、そういったデッキが相対的に弱体化したため、通常枠に落としてピックしやすくしました。

ex.《スキルドレイン》のアウト
力こそパワーの暴力的高打点デッキを作れますが、《デブリ・ドラゴン》《デス・ラクーダ》といった技巧派カードが死に絶える可能性があります。
そこをカットしていくのがドラフトの醍醐味ではあるものの、決まった時の状況が打開しづらすぎる場合は別で、成立するデッキと面白さの天秤に掛けて今はアウトしています。
《神獣王バルバロス》には《愚鈍の斧》《亜空間物質転送装置》《奇跡の残照》あたりで頑張ってもらいたい所。


・細かいコンボを盛り込む
無邪気にプレイしている方には申し訳ないのですが、試合中に成立するコンボの9割方は制作者の管理下にある意図的なものです。
だとしてもコンボを発見するのが楽しいことに変わりはなく、制作者は種を沢山蒔いておきましょう。僅かな取捨選択で到達点は変化します。

ex.《強奪》と《洗脳−ブレインコントロール》
前者なら《パワー・ツール・ドラゴン》からサーチできる可能性があります。
ゲームを決める力のある奪取系だからこそ、妨害になる《サイクロン》系統はサイドカードとしての価値も向上します。

ex.《幻のグリフォン》と《ジェネティック・ワーウルフ》
《カメンレオン》からシンクロを目指すなら前者、《炎舞−「天キ」》のシナジーを使うなら後者です。

ex.《苦紋様の土像》と《メタル・リフレクト・スライム》
土像は罠モンスターとコンボが狙えるだけでなく、7エクシーズや8シンクロも組むことができます。
一般的なプールなら《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》よりは《No.74 マジカル・クラウン−ミッシング・ソード》の方がまだ入れやすいのではないでしょうか。

ex.《重力解除》と《イタクァの暴風》
当然、お互いのカードに触れるほうがプレイの幅は広がります。《ゴブリン突撃部隊》が2ターン連続で殴れるかもしれません。


・ゲームを面白くしないものを外す
試合が膠着する、打開手段が限られすぎる、簡単に決まってゲームが終わる、といったものです。

ex.《鏡像のスワンプマン》と《量子猫》
後者は硬すぎて一般的な下級で抜けないため、ゲームが固まりやすくなります。
《苦紋様の土像》は存在していますが、まあプール全体の総量も問題だということで。

ex.《狡猾な落とし穴》
「面白いカードだけど決まったら1枚で勝ち」なら、おそらく外すべきです。


・面倒を省く
総じて、盤外の何かを気にしたり、良心が咎めるものは入れるべきではないと考えています。

ex.《抹殺の使徒》と《シールドクラッシュ》
「デッキ確認しますか」→「します」「別にいいですよ」で迷うのは、不要なストレスのような気がしました。

ex.《マインドクラッシュ》
カジュアルプレイが多いドラフトで「ちょっと待ってください」なんて言葉を発すれば相手が、我慢すれば自分が少し不快になります。

ex.《墓穴の道連れ》や《アマゾネスの鎖使い》
考えすぎかもしれませんが、カードを奪いっぱなしのままデッキを片付けてしまう状況が危惧されます。
コントロールが戻る(墓地に行く)までの時間が短い《強制転移》なら青信号です。

ex.《メタル化・魔法反射装甲》
「1600が300アップして、更に1950の半分を足して、えーと……」「これアタックする時だけですよ」「あー」
という会話は少なからず見ました。基本的に半分系は面倒臭く、《メタル・デビルゾア》を採用しているのではない限り、計算の手間・テキスト把握の手間、共にプールから外すのに足る理由です。


おおむねこんなもんでしょうか。
全体のパワーにも左右されますので、何よりも優先されるのは「自分がどんなプールを作りたいか」です。



■告知:秋のキューブドラフト大会「秋ドラ」
11/7(土)に、元住吉でキューブドラフトonlyのミニ大会をやろうと思っています。
詳細は後日。ツイッターとかで。
posted by Ford at 01:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

「四属性ドラフト」ver7.1(ドラフト会に持って行きたかった用)

「エクストラ枠」を増設。(15枚+2枚)
それに伴い、モンスター枠を92種→96種、パワカ枠を42種→48種に。
単純にピック枚数が増えるので、デッキパワーも多少上がると思われます。
一方で、過去に試して強すぎて外したカードを複数復帰。プール全体のパワーも上がってるので再調整です。
《デブリ・ドラゴン》の投入は吉か凶か?

in
《炎王獣 キリン》
《レッド・リゾネーター》
《X・E・N・O》
《フィッシュボーグ−アーチャー》
《SRシェイブー・メラン》
《SR三つ目のダイス》
《デブリ・ドラゴン》
《カメンレオン》
《強奪》パワカ
《幻獣機ブラックファルコン》パワカ
《ペロペロケルペロス》パワカ
《霞の谷のファルコン》パワカ
《神の忠告》パワカ
《ダスト・シュート》パワカ

out
《紅炎の騎士》
《アームズ・シーハンター》
《幻獣機ハムストラット》
《洗脳−ブレインコントロール》

change
《アーマード・ビー》通常→パワカ枠へ
続きを読む
posted by Ford at 02:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

第二回元住吉納涼祭カバレージ:3位決定戦 まろ【EMEm】 vs ぐらんそいる【EMEm】


C6:まろ【EMEm】

A4: ぐらんそいる【EMEm】



長い戦いも終わり、「第2回元住吉納涼遊戯祭」も残り1ラウンドとなった。

本来ならば決勝卓を記録すべきところだろうが、「3位決定戦がフューチャーされてもいいじゃない」というひねくれ物な私の考えにより、3位決定戦のカバレッジが残ることとなった。

なお、決勝戦はニコニコ生放送にて実況解説付きで行われ、現在はyoutubeにて閲覧ができるようになっている。

参考リンク:【特殊制限】第二回元住吉納涼遊戯祭【決勝】【特殊制限】第二回元住吉納涼遊戯祭2【決勝】【特殊制限】第二回元住吉納涼遊戯祭3【決勝】

さて、そんな3位決定戦の組み合わせはカバレッジ3度目となる【EMEm】のミラーマッチ。

しかもぐらんそいる氏は2度目、まろ氏に至っては3度目となるフューチャーマッチ。

「第2回元住吉納涼遊戯祭 決勝戦」の裏番組、3位決定戦がはじまる。





1戦目

まろ《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚して《EMペンデュラム・マジシャン》をサーチすると、《EMペンデュラム・マジシャン》(2)《Emヒグルミ》(5)をセット。

それから《EMペンデュラム・マジシャン》《ジゴバイト》をペンデュラム召喚!

《EMペンデュラム・マジシャン》の召喚時効果は《エフェクト・ヴェーラー》で無効化されてしまうが、その2体で《キングレムリン》をエクシーズ召喚。

《キングレムリン》の効果で2枚目の《ジゴバイト》を手札に加えそのまま特殊召喚すると、《EMドクロバット・ジョーカー》《ジゴバイト》《フレシアの蟲惑魔》を守備表示でエクシーズ召喚し、ターンエンド



ぐらんそいる《竜剣士ラスターP》(5)《Emヒグルミ》(5)をセットし、《竜剣士ラスターP》(5)のペンデュラム効果で《Emヒグルミ》(5)を破壊する。

デッキから2枚目の《Emヒグルミ》を手札に加えつつ、《Emミラー・コンダクター》を守備表示で特殊召喚。



9-1.JPG



さらに《Emダメージ・ジャグラー》を通常召喚してみるもぐらんそいる《フレシアの蟲惑魔》の効果を発動し、デッキから《奈落の落とし穴》を発動、《Emダメージ・ジャグラー》が破壊し除外される。

《Emヒグルミ》(5)をセットしてターンエンド。



まろ《キングレムリン》の効果で《EMリザードロー》を手札に加えると、《魔導戦士 ブレイカー》を召喚。

その効果はぐらんそいる《エフェクト・ヴェーラー》で無効化されてしまう。

《キングレムリン》《Emミラー・コンダクター》を攻撃すると、《Emミラー・コンダクター》《魔導戦士 ブレイカー》の攻守を逆転させてから破壊される。それから《Emミラー・コンダクター》が破壊されたことによりぐらんそいるがペンデュラムゾーンから《Emヒグルミ》を特殊召喚しつつ500の効果ダメージを受ける。

ぐらんそいる:8000→7500→7000



ぐらんそいる《稲荷火》を特殊召喚すると、まろ《増殖するG》の効果を発動したため、1枚伏せてターンを終了させる



9-2.JPG



まろ《キングレムリン》《稲荷火》を攻撃し、ターンエンド

ぐらんそいる:7000→6200



ぐらんそいる《Emヒグルミ》を召喚して《魔導戦士 ブレイカー》へ攻撃!

《Emヒグルミ》が戦闘破壊されたことによりデッキから《Emダメージ・ジャグラー》を特殊召喚する。

ぐらんそいる:6200→5600



まろ《Emミラー・コンダクター》を召喚すると、《魔導戦士 ブレイカー》《Emダメージ・ジャグラー》を攻撃!

《Emミラー・コンダクター》《キングレムリン》、それから《Emミラー・コンダクター》の効果で攻守を入れ替えた《フレシアの蟲惑魔》達のダイレクトアタックが決まる。

メインフェイズ2にぐらんそいる《増殖するG》を発動しておく。

まろ《魔導戦士 ブレイカー》《Emミラー・コンダクター》《鳥銃士カステル》をエクシーズ召喚、しかしその効果の発動に合わせた《蟲惑の落とし穴》で無効にし破壊されてしまった。

ぐらんそいる:5600→5000→2700→200

まろ:8000→7500



ぐらんそいる《EMペンデュラム・マジシャン》(2)をセットすると、《EMペンデュラム・マジシャン》《Emミラー・コンダクター》《Emヒグルミ》2体をペンデュラム召喚!

まろ《EMペンデュラム・マジシャン》の召喚時効果に対して《フレシアの蟲惑魔》の効果を発動し、デッキから《蟲惑の落とし穴》を発動して破壊する。

ならばと墓地の《Emダメージ・ジャグラー》の効果を発動し、手札に加えた《Emハットトリッカー》を特殊召喚。

2体の《Emヒグルミ》《Emトラピーズ・マジシャン》をエクシーズ召喚。

それから《Emミラー・コンダクター》の効果で《キングレムリン》の攻守を入れ替え、自身への効果ダメージは《Emトラピーズ・マジシャン》の効果で0に軽減する。

続けて《Emハットトリッカー》《Emミラー・コンダクター》《No.39 希望皇ホープ》をエクシーズ召喚し、その《No.39 希望皇ホープ》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》へとランクアップするのを見て、まろは盤面を計算して投了した。

ぐらんそいる 1-0 まろ





2戦目

ぐらんそいる《おろかな埋葬》を発動、デッキから《Emダメージ・ジャグラー》を墓地へと送る。

それから《竜剣士ラスターP》(5)《Emヒグルミ》(5)をセットし、《竜剣士ラスターP》(5)のペンデュラム効果で《Emヒグルミ》(5)を破壊。

デッキから2枚目の《Emヒグルミ》を手札に加えつつ、《Emトリック・クラウン》を守備表示で特殊召喚。

《ジゴバイト》を特殊召喚すると、《Emトリック・クラウン》と合わせて《キングレムリン》を守備表示でエクシーズ召喚。

《キングレムリン》の効果で《Emトリック・クラウン》を取り除いて《EMパートナーガ》をサーチ、それから《Emトリック・クラウン》が自身の効果で墓地からライフ1000と引き換えに特殊召喚される。

《デーモン・イーター》を特殊召喚すると、《Emトリック・クラウン》とともに《星守の騎士 プトレマイオス》へとエクシーズ召喚。

エンドフェイズに《星守の騎士 プトレマイオス》《星輝士 デルタテロス》を吸収し、ターンエンド

ぐらんそいる:8000→7000



9-3.JPG





まろ《竜剣士ラスターP》(5)《Emヒグルミ》(5)をセットし、《竜剣士ラスターP》(5)のペンデュラム効果で《Emヒグルミ》(5)を破壊する。

デッキから2枚目の《Emヒグルミ》を手札に加えつつ、《Emダメージ・ジャグラー》を特殊召喚、《EMドクロバット・ジョーカー》を通常召喚して《EMペンデュラム・マジシャン》を手札に加える。

《EMパートナーガ》(3)をセットすると、《Emミラー・コンダクター》《EMペンデュラム・マジシャン》《Emヒグルミ》をペンデュラム召喚!



9-4.JPG



《EMペンデュラム・マジシャン》の効果で《Emヒグルミ》《竜剣士ラスターP》(5)を破壊し、《EMドクロバット・ジョーカー》《EMリザードロー》を手札に加え、破壊された《Emヒグルミ》の効果で《Emトリック・クラウン》を特殊召喚。

《EMパートナーガ》の効果で《EMドクロバット・ジョーカー》の攻撃力を900ポイントアップさせると、《Emトリック・クラウン》《Emダメージ・ジャグラー》《キングレムリン》をエクシーズ召喚し、その効果で《Emダメージ・ジャグラー》を取り除いて《ジゴバイト》を手札に加える。

バトルフェイズに入り、《EMドクロバット・ジョーカー》《星守の騎士 プトレマイオス》へ攻撃!



9-5.JPG



《星守の騎士 プトレマイオス》《セイクリッド・プレアデス》へとランクアップし、《EMペンデュラム・マジシャン》を手札へと戻し、戦闘破壊される。

それから《キングレムリン》が守備表示の《キングレムリン》を攻撃!



メインフェイズ2に《ジゴバイト》を特殊召喚すると、《Emミラー・コンダクター》《EMドクロバット・ジョーカー》《ジゴバイト》《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》をエクシーズ召喚。

《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》で魔法カードの発動を禁止し、ターンエンド



ぐらんそいる《Emヒグルミ》を通常召喚、《ジゴバイト》をすると2体で《No.39 希望皇ホープ》を経由して《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》をエクシーズ召喚。

《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》が効果を発動しつつ《キングレムリン》を攻撃、メインフェイズ2に1枚伏せてターンエンド

まろ:8000→5300



9-6.JPG



まろ《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚して《EMペンデュラム・マジシャン》を手札に加える。

それから墓地の《Emダメージ・ジャグラー》を除外し、手札に加えた《Emハットトリッカー》を守備表示で特殊召喚。

《Emハットトリッカー》《EMドクロバット・ジョーカー》《鳥銃士カステル》をエクシーズ召喚すると、その(2)の効果で《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》をデッキへと戻してしまう。

そしてシルバー《EMシルバー・クロウ》(5)をセットしたところでぐらんそいるは投了した。



なお、3戦目は時間的な関係、それからチームの勝敗がついたため行われなかった。

ぐらんそいる(○×─) - まろ(×○─)
posted by Ford at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

第二回元住吉納涼祭カバレージ:準決勝 kira【EMEm】 vs まろ【EMEm】


第2回元住吉納涼遊戯祭 準決勝 Kira(Yu kyが勝つ) vs まろ(バヤ連)

A1:Kira【EMEm】

C6:まろ【EMEm】



今回のマッチアップは【EMEm】同士によるミラーマッチ。

先攻をとったプレイヤーが制圧するか、それとも後攻をとったプレイヤーがそれを抑えつつ、返しで制圧するのか?

なお、C6の「まろ」氏は本戦1回戦で記録させてもらっており、今大会2度目の登場となる。



1戦目

Kira《竜剣士ラスターP》(5)《Emヒグルミ》(5)をセットし、《竜剣士ラスターP》(5)のペンデュラム効果で《Emヒグルミ》(5)を破壊する。

デッキから2枚目の《Emヒグルミ》を手札に加えつつ、《Emダメージ・ジャグラー》を守備表示で特殊召喚。

さらに《Emヒグルミ》(5)をセットした上で《揺れる眼差し》を発動すると、まろに500のダメージを与えつつ《EMペンデュラム・マジシャン》をサーチ、それから破壊された《Emヒグルミ》(5)の効果で2枚目の《Emダメージ・ジャグラー》をデッキから特殊召喚する。

《Emダメージ・ジャグラー》2体で《キングレムリン》をエクシーズ召喚すると、その効果で《ジゴバイト》を手札に加える。

続けて墓地の《Emダメージ・ジャグラー》を除外して《Emミラー・コンダクター》を手札に加えると、《Emミラー・コンダクター》(3)《Emヒグルミ》(5)をセットし、《EMペンデュラム・マジシャン》《竜剣士ラスターP》《Emヒグルミ》2体をペンデュラム召喚!

《EMペンデュラム・マジシャン》の召喚時効果で《竜剣士ラスターP》《Emヒグルミ》(5)を破棄し、《EMドクロバット・ジョーカー》《EMヘルプリンセス》を手札に加え、破壊された《Emヒグルミ》(5)の効果でデッキから《Emトリック・クラウン》を特殊召喚する。

《Emヒグルミ》《EMペンデュラム・マジシャン》《Emトリック・クラウン》《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》をエクシーズ召喚、その効果で《Emトリック・クラウン》を取り除いて魔法カードの発動を封じ、《Emトリック・クラウン》が自身の効果で墓地から特殊召喚される。

《Emトリック・クラウン》《Emヒグルミ》《星守の騎士 プトレマイオス》をエクシーズ召喚し、《EMドクロバット・ジョーカー》を通常召喚(サーチは不明)

「EM」モンスターが召喚に成功したため、手札から《EMヘルプリンセス》を特殊召喚すると、《EMドクロバット・ジョーカー》《EMヘルプリンセス》《フレシアの蟲惑魔》を守備表示でエクシーズ召喚。

エンドフェイズに《星守の騎士 プトレマイオス》《星輝士 デルタテロス》を吸収すると、

《キングレムリン》《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》《フレシアの蟲惑魔》《星守の騎士 プトレマイオス》《Emミラー・コンダクター》(3)という布陣を敷いてターンエンド

まろ:8000→7500

Kira:8000→7000



まろ《EMペンデュラム・マジシャン》を召喚、《デーモン・イーター》を守備表示で特殊召喚する。



8-1.JPG



Kira《フレシアの蟲惑魔》の効果で《狡猾な落とし穴》を発動して2枚とも破壊されてしまう。

それから3枚伏せてターンエンド。

エンドフェイズにKira《星守の騎士 プトレマイオス》がセイクリッド《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》を吸収し、エクシーズ素材を4とする。



Kira《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》の効果を発動し、トラップカードの発動を禁止する。

それから《キングレムリン》《ジゴバイト》を手札に加えると、そのまま通常召喚する。

《ジゴバイト》《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》《キングレムリン》《星守の騎士 プトレマイオス》と攻撃し、さらに《星守の騎士 プトレマイオス》がその効果で《セイクリッド・プレアデス》へとランクアップすると、その追撃によりまろのライフは0となった。

まろ:7500→6000→3700→1400→850→-1650

Kira 1-0 まろ



2戦目

Kira《Emダメージ・ジャグラー》を召喚、《デーモン・イーター》を特殊召喚したところにまろ《増殖するG》の効果を発動したため、2枚伏せてターンエンド



まろ《Emミラー・コンダクター》を召喚、《ジゴバイト》を特殊召喚すると、Kira《時空の落とし穴》を発動し、《ジゴバイト》がデッキへと戻されてしまう。

《Emミラー・コンダクター》がその効果を発動しつつ《デーモン・イーター》を攻撃する。

エンドフェイズにKiraの墓地から《デーモン・イーター》が特殊召喚され、その効果でKira《Emダメージ・ジャグラー》が破壊される。

Kira:8000→7000→6600

まろ:8000→7500



Kiraは墓地の《Emダメージ・ジャグラー》の効果を発動し、手札に加えた《Emトリック・クラウン》を通常召喚。

《Emトリック・クラウン》《Emミラー・コンダクター》を攻撃すると、《Emミラー・コンダクター》《デーモン・イーター》の攻守を入れ替える。

《デーモン・イーター》でダイレクトアタック。

メインフェイズ2に《Emトリック・クラウン》《デーモン・イーター》《ラヴァルバル・チェイン》をエクシーズ召喚すると、その効果で《H・C サウザンド・ブレード》を墓地へと送り込む。

《Emトリック・クラウン》が自身の効果で特殊召喚されると、まろ《増殖するG》を発動したためそのままターンエンド

まろ:7500→7000→6000→5800

Kira:6600→5600



まろ《Emダメージ・ジャグラー》を召喚、《デーモン・イーター》を特殊召喚すると2体で《恐牙狼 ダイヤウルフ》をエクシーズ召喚!

その効果で自身とセットされていた《揺れる眼差し》を破壊すると、墓地の《Emダメージ・ジャグラー》を除外して《Emミラー・コンダクター》をサーチ。

《Emミラー・コンダクター》(3)《Emヒグルミ》(5)をセットすると、《Emミラー・コンダクター》《EMペンデュラム・マジシャン》をペンデュラム召喚!

《EMペンデュラム・マジシャン》の召喚時効果でペンデュラムゾーンの《Emミラー・コンダクター》(3)《Emヒグルミ》(5)を破壊し、《EMドクロバット・ジョーカー》《EMシルバー・クロウ》をサーチ、破壊された《Emヒグルミ》の効果で《Emトリック・クラウン》を特殊召喚する。

《Emトリック・クラウン》《EMペンデュラム・マジシャン》《キングレムリン》をエクシーズ召喚すると、その効果で《ジゴバイト》を手札に加え、墓地に送られた《Emトリック・クラウン》が自身の効果で墓地から特殊召喚される。

それから《ジゴバイト》も特殊召喚してバトルフェイズへ入る。

まずは《Emミラー・コンダクター》《Emトリック・クラウン》を攻撃、戦闘破壊された《Emトリック・クラウン》が自身の効果で蘇り、さらにその際に発生した効果ダメージをトリガーにKiraの墓地から《H・C サウザンド・ブレード》も特殊召喚される。

《ジゴバイト》《Emトリック・クラウン》を、《キングレムリン》《H・C サウザンド・ブレード》を攻撃。

メインフェイズ2に《ラヴァルバル・チェイン》の攻守を入れ替えると、《ジゴバイト》《Emトリック・クラウン》《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》をエクシーズ召喚し、その効果で《ラヴァルバル・チェイン》を破壊して1枚引いて、ターンエンド

Kira:5800→4800→3800

まろ:5600→4600→4100



Kira《Emミラー・コンダクター》を召喚し、その効果を《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》に対して発動。

これにより効果ダメージが発生すると、Kiraの墓地から《H・C サウザンド・ブレード》が特殊召喚される。

《H・C サウザンド・ブレード》《Emミラー・コンダクター》を攻撃すると、メインフェイズ2に墓地の《Emダメージ・ジャグラー》の効果を発動。

デッキから手札に加えた《Emハットトリッカー》を特殊召喚すると、2体で《励輝士 ヴェルズビュート》をエクシーズ召喚。

が、メモによればここでKiraが投了となっている。

まろ:3800→3100

Kira 1-1 まろ



3戦目

まろはモンスターをセット、それから1枚伏せてターンエンド



Kira《竜剣士ラスターP》(5)《Emヒグルミ》(5)をセットしたところにまろ《揺れる眼差し》を発動!

それに合わせてKira《揺れる眼差し》を発動させると、今度はまろ《Emダメージ・ジャグラー》を手札から捨てることで「自分にダメージを与える魔法」の効果の発動を無効にして破壊しようとする。

だがKiraの手札からは2枚目の《揺れる眼差し》が発動される!

逆順解決により、Kiraが最後に解決した《揺れる眼差し》の効果で《竜剣士ラスターP》(5)《Emヒグルミ》(5)が破壊され、まろに500の効果ダメージを与えつつ《EMペンデュラム・マジシャン》Kiraの手札に加えた。

そして残った《Emダメージ・ジャグラー》《揺れる眼差し》のチェーンを消化すると、まろ《増殖するG》の効果を発動すると、まろの手札は残り1枚、Kiraの手札は3枚となる。



Kiraまず《竜剣士ラスターP》(5)《EMペンデュラム・マジシャン》(2)をセット、それから《竜剣士ラスターP》(5)の効果で《EMペンデュラム・マジシャン》(2)を破壊して新たな《EMペンデュラム・マジシャン》(2)を手札に加えると、そのままセットして《EMペンデュラム・マジシャン》《Emヒグルミ》《竜剣士ラスターP》をペンデュラム召喚!

《EMペンデュラム・マジシャン》の召喚時効果で《Emヒグルミ》《竜剣士ラスターP》を破壊すると、デッキから《EMドクロバット・ジョーカー》《EMヘルプリンセス》を手札に加える。

それから《Emヒグルミ》の効果で《Emトリック・クラウン》を特殊召喚すると、《竜剣士ラスターP》《EMペンデュラム・マジシャン》《爆竜剣士イグニスターP》をシンクロ召喚。

その効果で《EMペンデュラム・マジシャン》(2)を破壊し、伏せられていたカードをデッキへと戻す。

続けて《Emトリック・クラウン》《Emダメージ・ジャグラー》《Emトラピーズ・マジシャン》をエクシーズ召喚すると、《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚。

《EMドクロバット・ジョーカー》が召喚されたことで《EMヘルプリンセス》を手札から特殊召喚すると、《Emトリック・クラウン》と合わせて《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》をエクシーズ召喚。

その効果でモンスター効果を禁止すると、《増殖するG》で6枚のカードを引いていたがまろは投了した。

Kira(○×○) - まろ(×○×)



ゲーム後、3戦目2ターン目に行われたペンデュラムカードを巡る攻防について、互いの手札を再現して感想を言い合う2人。

8-2.JPG

posted by Ford at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする