2016年02月21日

最近思ったことを垂れ流すだけ

・どこぞのスタッフ限定品
ボランティア参加の見返りを売買禁止は相当に頭が悪い気がする。
YCSのジャッジマットのように、市場に流せば日当「にも」なる仕組みじゃダメなの?
購入可になった程度で意欲が落ちるならそもそも制度が悪い。


・最近のCS
第1期:CSの前身(何年頃か分からん)
第2期:著名な地域名CSが出来始める
第3期:大規模CSが全国で多数開催
第4期:多様化、新宿杯〜LCS・JDC
みたいな流れの印象を持ってて、ここんとこ第5期が最近始まった雰囲気。
まだうまく言葉にできないけど形容するなら「+α」なのかなと思う。
多数開催もそうだし、独自性のあるサブイベント(ドラフトなど)や形式(5人チーム戦など)も、時代を経て浸透して当たり前の存在になってきた。
「対戦を提供するだけ」の大会はそろそろ過ぎるのかなと思う。
トーナメント志向でも何らかの特色を付加したり、カジュアル志向なら更なる独自性を求める姿勢がないと、あんまり面白くないと感じられてしまうかも。


・はっちグランド
そんな第5期で最も特徴的なのがはっちCSで、特にはっちグランド(+そこまでの流れ)。
まず大きな枠組みを用意してから埋めていく重厚長大なJDCスタイルとは真逆で、早いスパンで実績を積み重ねて枠を拡げていくスタイルはフットワークが軽くて確実。
行ったことないから大会の中身は全然知らないけど、プロセスは凄いなーと思う。
そんな成功例がひとつある状況で、例えば改めてJDCをぶっこんでも、とても時流にそぐわないのでは。


・オンラインドラフト
楽しい。けど参加者が少なくて悲しい。
マジで海外ADSとスカイプと参加意欲と良識があれば誰でもいいので、興味がある人がいたら俺とかいむなさんに声かけてください。
特にドラフトプール持ってるような人は作り方の勉強にもなるはず。


・春フェス
http://www.izazin.com/taikai/17305315?at=xEo8vdWGrdbIrqxfkzEjltp8ME_hZNg315
軽い大会にしようと思ってたけど結局また詰め込んでしまった。
先述の例で言えば、俺は超トーナメント志向の大会を開くノウハウは(主にジャッジ面で)持っていないし、それならカジュアル志向の部分で勝負するしかないわけで。
納涼祭も秋ドラも震えながら参加受付開始のボタンを押したのをよく覚えてて、たぶん今回もそうなる。
ツイッターでも話に出してくれればそれだけで安心するので、今後公開していく情報の印象でも何でも書いてくれると嬉しいです。
気軽に遊びにきてください。誰も話題にしてないけど前日には関東デュエルトーナメントもあるので、ついでにでも。
posted by Ford at 02:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする