2018年02月26日

「さよならの朝に約束の花をかざろう」感想

※ネタバレを多く含みます



「別れ」とは、何故辛いものとされているのでしょうか。
学校の友人や会社の同僚など、今日会って明日も会うであろう人達と別れるのは、さして辛いものではありません。時には開放感すら覚えることもあるかもしれません。
しかし、それが二度と会えないものであるなら、途端に気持ちが変わってきます。普段仲良くない人ですら、今生の別れともなれば話が尽きないでしょう。
不可逆を感じるからこそ、別れとは辛いものなのだと思います。
人は一生のうち、様々な出会いと別れを経験します。その中で最も不可逆なものが「誕生と死別」です。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」は、別れを大きなテーマとする作品です。
本作の主人公は「別れの一族」と呼ばれるイオルフの民という種族です。見た目は人間とほぼ変わらない(作中では金髪・赤目という特徴も描かれますが、アイコン的なもので大きな意味はありません)のですが、人間と比べて非常に長命であるために多くの別れを経験することからこう呼ばれています。(あくまでも人間を基準とした呼び方ですね)
離別の辛さ故に、外界との交流をほぼ絶ち、一族のみで集落を形成して織物で生計を立てています。
そんな種族の一員であるマキアという女の子が、戦乱に追われ落ち延びた先で、後にエリアルと名付けられる赤ん坊を拾うことから話が始まります。

人は、自らの親や子の「誕生と死別」の双方を見ることはありません。多くの例外はあるものの、親の最期を看取り、子の出生を目にするものです。
しかし、生まれ持っての長命であるマキアは、エリアルの誕生(と言っても差し支えない出会い)から死去までを共にし、自身はその後も生き続ける運命にあります。作中においても、同じ一族からはその覚悟を問われ、人間側からは奇異な扱いを受け続けます。
マキアという横糸が、エリアルという縦糸と出会い、生を共にすることのないはずの人間達、そして人間である自分の子と触れていく。出会いと運命付けられた別れが、果たしてどんな織物として昇華されるのか。これが本作の骨子です。

マキアは一族の中でも、親がおらず「ひとりぼっちである」ことから、同じ境遇である孤児のエリアルに共感し、弱冠15歳にして母親としての道を歩み始めます。
赤ん坊から次第に成長していくエリアルも、母親が自分と異なる存在であることにやがて気付いていきます。
長命とはいえ、これまでマキアが過ごしてきた生はまだ15年です。子供をどう扱っていいか分からない時もあれば、親の苦労を分からない子供に匙を投げかけることもあります。エリアルもまた、母親によって理由を告げられず繰り返される友人との別れや、周囲から奇異の目で見られることに苛立ち、反抗的な態度を見せてしまいます。
時が経ち、「親離れ」をして妻子を持ったエリアルは、あるとき偶然マキアと再会することとなります。エリアルがもうひとりぼっちでないと知ったマキアは、静かに彼との別れを告げ、一族のもとへ帰ってゆきました。
そして、終にはマキアとエリアルの積み重ねが結実する「最期の別離」に辿り着くのです。
中世ファンタジー的な世界はどの場面も大変美しく、主張しすぎない音響と共に、ストーリーを盛り上げてくれます。
概して衝撃の強いシーンである「戦い」も何度か挿入されるのですが、そちらに比重を置きすぎず、別れという本筋を淡々と追っていく姿勢にも好感が持てました。
本作の脚本・監督を務めた岡田麿里は、両親が3歳頃に離婚し、母と母方の祖父との3人家族で育ったそうです。
岡田麿里はキャラクターに自己投影をしがち…という言説はよく見られますが、もしかするとそういった経験が活きているのかもしれません。

「別れの一族」という導入からして凄まじい感傷力が伝わってくるものの、いまいち感情移入しきれない部分も少なからずありました。
自分が子育てどころか結婚すらしておらず、今生の別れをそこまで多く経験していないという精神的な未熟さも当然あるのですが、総じて不満だったのは「この話、人間が人間を拾う話でもそんなに変わらなくないか?」というところです。
イオルフ族は長命であり、(同種族以外との)別れの辛さ故に外界との接触を断っているとされています。しかし肝心の別れについて、「エリアルの方が先に死ぬのにな」「愛すれば、本当のひとりになってしまう」と、八つ当たり的な発言や村の言い伝えレベルでしか出てこないので、そこまで辛いという感覚がいまいち伝わってきません。必然的に、それでもエリアルを育てていこうというマキアの意志の強さや尊さに繋がらないのです。
必要であったのは、人間界で別離を繰り返した果てに心が擦り切れてしまったイオルフの実例ではないでしょうか。外界で暮らすハーフイオルフのおじさんが作中で何度か登場し、ほぼ見た目が変わらない彼も長命であると推測されますが、出てくるたびに酒を飲みながらポエム的なセリフを言うばかりで「結構楽しく暮らしてるじゃん!」という印象を受けてしまいました。
また、マキアの「種族に対する思い入れの無さ」も、彼女が別れの一族である意味合いを薄く感じた理由です。
そもそも彼女は、一族の中でも疎外感があることから、同じひとりぼっちのエリアルに共感し親となるのですが、中盤でエリアルが親離れをして以降、突如として(半ば強制の気配があるにせよ)仲間を助け出す戦線に身を投じます。
まして、それがエリアルの属する国との戦争であることに気付かないはずがありません。マキアの中での重要度の天秤が曖昧なため、同じ種族の友人をどう思っているかが不明瞭で、結局マキアが一族のもとへ帰る描写も唐突と感じてしまいました。
作中で集中的に描写する必要があるかは微妙なところですが、イオルフは長命であれど不死ではなく、別れの一族の中でも寿命による出会いと別れがあるはずです。これは「指輪物語」における人間とエルフの関係とは明確に異なります。彼らがそれをどう思っているかが不明確であることも、なぜ人間との接触ばかりを避けるのかという疑問に繋がり、気になってしまいました。
加えて、描かれる「別れの層の薄さ」です。本作の時間軸は、
・マキアがエリアルを拾い育て、妻子を持ち自分の居場所を得たエリアルと別れるまで
・エリアルの今生の際に再会し、看取るまで
という2つに分かれています。(後者はラストシーンのみですが)
マキアに関わる永遠の別離で、前者で描かれるものは、
・マキアを助けた家族が飼っていた犬
・マキアと関係のないところで亡くなっていたクリム(同種族の男性)
程度で、「種族が違う」ではなく「国が違う」でも、基本的に同じ話になっていたのではないでしょうか。
マキアとエリアルの関係性をシンプルに追っていることも本作の良さであり、これらすべてを盛り込んでしまうと全く異なるものになってしまいますが、「別れの一族」という二つ名を強調できるエッセンスはもう少し欲しかったです。

台詞回し的には、漠然とした表現の多さ、世界観についての言及の少なさが気にかかりました。
一例として、マキアとエリアルは「(相手を、自身が)守る」という表現を多用します。
これは、ありがちな恋愛小説で用いられる場合と同じく、具体性が感じられません。
また、イオルフの民は長命の種族として語られますが、実際にこれが「ほぼ不老不死」か「400歳くらい」かで、別れの辛さの印象は結構変わってくるのではないでしょうか。登場する世界の風景が美しいからこそ、より背景設定をイメージできるような描写が欲しかったと感じます。
(「総集編のような作品」とは、同行した友人の言です)

僕の鑑賞後の一言目は「岡田麿里、最近子供産んだんですかね…?」でした。
これは「危惧」です。先に触れたように、岡田麿里はキャラクターに自己投影するタイプの作家であるというバイアスの下で、親に対して守る守れないと思い悩む子供は、まるで子供に対する理想像を押し付けているように取れました。
僕が以前、自主制作映画的に「君の名は。」の予告編を撮影した際に三葉役を演じましたが、もしもこれが女性化願望によるものだとしたら嫌な生々しさを感じてしまうかと思います。岡田麿里という作家性を考えると、もしかしたら…という疑念と共に、なんとなく気持ち悪さを覚えてしまいました。
ただ、これは子育てをテーマとする作品に根付いた難しさで、誰が制作しても多かれ少なかれ同じ感情を抱いていたとも思います。我々は皆子供であった頃を経験していて、そのときに「親を守る」などという感情を抱いた人は稀だからこそ、感情移入がしづらい部分です。

「初監督作品にしては良いのでは」という感想が多く見られており、僕もおおむねそういった評価です。不満点を長々と述べたにしてはがっつり泣いてしまいました。
ファンタジーであり「ここさけ」「あの花」とは違う印象ではあるものの、この美麗な世界観で違う映画が作られるのならまた見てみたいですね。
最後に。
前項の、岡田麿里という作家性について僅かでも感じるところのある方には、パンフレット購入を勧めます。
監督インタビューには、興味の対象を「作品」から「岡田麿里というコンテンツ」に引きずり込んでしまうほど強力な内容が記されていますので……。
posted by Ford at 00:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: